大福測量登記事務所


土地家屋調査士は土地境界に関する諸問題及び不動産の表示に関する登記の専門家であります。
土地・建物の権利の明確化や境界扮紛争の解決・未然防止の分野で、不動産に関するエキスパートとして皆様のお役に立てればと考えております。
昨今は様々な要因で土地の境界線トラブルが増えています。
土地家屋調査士は様々な資料や現況から境界を判断し、お隣と立会いの上で境界標を埋設し、境界に関する書類を作成し、土地の面積や越境の有無まではっきりさせることができます。
当事務所ではトラブル解決の基礎となる調査・交渉だけでなく今後の土地活用などもふくめたアイデアを出し、お客さまの土地の持つ価値をより高めるお手伝いをしております。
不動産の表示に関する事や土地の境界問題に関する事などトータルサポートいたします。





沿革

測量設計会社に10年務め、測量経験を積み、営業としても経験を重ねしました。
2014年、独立し大福測量登記事務所を開業。
今までお世話になった方々と関わりながら日々お役に立てるようにを精進しています。
人との関わりが好きです。



会社概要
会社名:大福測量登記事務所
司法書士:大福 勝則
所在地:〒719-1174 総社市清音古地308-1
電 話:0866-94-8153
mail:katsu@office-daifuku.com
HP: http://office-daifuku.sakura.ne.jp


業務内容・資格
境界確定測量・不動産表示に関する登記・土地造成設計業務

調査業務
資料の調査・収集
現地調査
資料の分析・調書作成
土地の調査・測量
現地事前調査
多角測量
復元測量・現地表示
画地調整
立会(民有地境界・公共用地境界)
面積測量
境界点測設
境界標埋設
引照点測量
建物の調査・測量
所在、位置、形状、敷地境界の調査
建物要件、個数、主従の別の認定
区分建物の専有部分・共用部分の境界の調査及び区分性の認定
種類、構造、床面積の調査・測量

現況図の作成
建築確認申請書、開発許可申請書、建築許可申請書等に使用する
現況平面図、横断図等を作成します。
区分建物の専有部分・共用部分の境界の調査及び区分性の認定(参考として現況図を添付)

各種造成設計図の作成
開発許可申請書、宅地造成等規制法に関する申請、土地造成工事等に必要な各種設計図面を作成します。
区分建物の専有部分・共用部分の境界の調査及び区分性の認定(参考として現況図を添付)

区画割図の作成
分譲宅地の開発、土地の評価等に必要な区画割図を作成します。(参考として現況図を添付)
申請手続(嘱託)嘱託・申請書及び添付書面の作成
法定添付図面(地積測量図、土地所在図、建物図面、各階平面図)
土地の地目、分筆、合筆、滅失及び建物の表題、分割、合併、合体、滅失の申請
嘱託・申請代理(提出、登記官現地立会、補正確認・登記済受領)
審査請求手続
不動産登記法157条ノ2以外の行政不服審査法にもとづく提出書面の作成
その他関連手続
書類の作成
法定業務の遂行上必要な戸籍・住民票等の請求受領
証明書、承諾書、上申書、同意書等の作成
付随業務
法定業務の遂行上必要な住所関連証明等の書類及び資料等の調査・収集ならびに筆界承諾書等の承諾印受領
その他付属的業務

関連業務
地籍調査事業に係る調査、測量及び関連諸作業
建物の敷地又は建築用地及び建物、その他の施設等の調査及び測量、管理図面の作成
建物の敷地と公道の接続及び建築後退線の測量
道路位置指定(変更、廃止)申請等に関する調査、測量、管理図面の作成
局地的かつ高度の精度を要しない三角測量、多角測量、水準測量、地形測量、平面測量及び従横断面測量、その他土地、建物の調査、測量


業務資格
土地家屋調査士・測量士補